一般社団法人 日本自動販売機工業会 JVMA
 個人情報の取扱いについて
HOMEJVMAの概要社会貢献への取り組み環境問題への取り組み安全対策未成年者対策自販機表示
会員専用ページ
環境問題への取り組み
省エネ
エコ・ベンダー
冷媒
廃棄
リサイクル
製品アセスメント
グリーン購入法
環境問題への取り組み
エコ・ベンダー
夏場の午後は冷却運転をストップ=エコ・ベンダー
エコ・ベンダーは、夏場(7月1日〜9月30日)、午前中に商品を冷やし込み、エアコンなどの使用により電力需要がピークを迎える午後(1〜4時)は冷却運転をストップする省エネ型の缶・ボトル飲料自販機です。
電力会社は、年間で電力需要がピークに達する時にも電気を安定供給するため発電所の新設などさまざまな努力をしています。エコ・ベンダーは、この午後のピークの一部を午前中にシフトすることを目的にしており、これにより余分な発電所の新設を抑える効果も期待されています。
エコ・ベンダーの設置は、95年から始まりました。現在では全国の缶・ボトル飲料自販機の100%がエコ・ベンダーとなっています。





Copyright 1999-2014 JAPAN VENDING MACHINE MANUFACTURERS ASSOCIATION,allright reserved.