安全対策

食品衛生

食品(飲料を含む)を販売する自販機は、消費者安全確保のため食品衛生を担保する必要があり、食品衛生法、同法に基づく『食品、添加物等の規格基準』、業界自主基準『自動販売機の食品衛生に関する自主的取扱要領』などにより自販機の機能・構造、営業許可、管理運営などが規定されています。自販機業界では、これらの規定を遵守し自販機を通じて安全な食品を販売しています。

自販機に関わる営業許可

飲食店、喫茶店など食品衛生法施行令第5条に規定された営業を営もうとする場合には、

都道府県知事または政令指定市市長の許可を受けなければなりません。

自販機に関係する営業としては、飲食店営業、喫茶店営業、乳類販売業、氷雪製造業、食肉販売業があり、以下の自販機が対象となります

飲食店営業許可が必要となるもの

ハンバーガー自販機、電子レンジ付冷凍食品自販機、給湯装置付カップめん自販機、弁当自販機など

喫茶店営業許可が必要となるもの

カップ式コーヒー自販機、カップ式清涼飲料自

乳類販売業営業許可が必要となるもの販機など

牛乳自販機

氷雪製造業営業許可が必要となるもの

氷自販機、かき氷自販機

食肉販売業

冷凍包装食肉自販機

なお、缶・ボトル入り清涼飲料自販機については食品衛生法上の営業許可は必要としません。これは、缶・ボトル入り飲料が製造・販売段階で食品衛生法に規定する規格をクリアしていることによります。